HOME > 会社案内 > 採用情報 > 七星科学とは

七星科学とは

採用情報TOP

 

 

社是「心をこめる」の歴史

七星科学研究所(以降七星)の社名は、創設者故鈴木金三郎氏が留学した米国ゲティスバーグ工業大学の紋章「北斗七星」に由来します。

金三郎氏は熱力学と無線を専攻し27歳で帰国、現在本社が建つ地に研究所を創設しました。モールス信号をテープ上に記録する機械やマイクロフォンを研究し、数多くの特許を取得しました。

昭和16年、日本は太平洋戦争に突入。コネクタ製造を始めていた金三郎氏は資材不足に苦しみながらも、翌々年に七星科学研究所は株式会社となりました。丸に七星のロゴが作られたのもこの頃です。東奔西走しダイカストマシンや旋盤を揃え稼働し、製品も高度細密化されていきました。

戦後は物資不足、食料不足に拍車がかかり、何を作れば売れるのか、誰も見当がつかない時代。日本橋白木屋デパートの実演即売会では、七星はダイカスト鋳造の「お玉」を金型限界の2万本まで製造完売。その後も茶托、灰皿など生活用品のダイカスト製造を試みました。コネクタも受注を得、営業担当者は製品をリュックに担いで神田秋葉原へ通いました。

社是「心をこめる」はこの頃の鈴木久雄前社長(当時専務)の口癖によります。「製品をお客様に出すときはその場で布を使って磨いて大事に取り扱いなさい。大事に作ったものだということをお客様に知ってもらいなさい」「作ったものが相手に通じる」「心をこめてものを作ろう」

この精神を鈴木芳久現社長が受け継ぎ、「心をこめる」という社是としたのです。



チャレンジの歴史を知る

株式会社七星科学研究所は、戦後、ダイカスト工場を増設。
コネクタも電々公社(現NTT)の受注を得、コネクタとダイカストの二本柱が確立しました。

昭和27年 中野区優良企業に選出
昭和31年 コネクタ絶縁体を安全性の高いエポキシへ変更
昭和37年 コネクタは電気用品取締法取得(コネクタ業界初)
昭和39年 コネクタが通産省から型式認可(コネクタ業界初)
昭和41年 コネクタの外郭材質を銅合金から亜鉛合金へ転換(コネクタ業界初)
平成  1年 UL規格(米国安全規格)取得
平成  2年 CSA規格(カナダ規格)取得
平成  8年 ISO9001認証取得
平成11年 TÜV認定(欧州安全規格対応品)取得
平成12年 ISO14001認証取得

同じく平成12年、「コネクタ」「ダイカスト」に続く第三の柱として、情報通信機器を開発する「開発センター」を設立。

平成18年 RoHS規制への対応完了
平成19年 経済産業省「元気なモノ作り中小企業300社」に選出
平成21年 狭山工場が「埼玉県あったか子育て企業奨励賞」受賞
平成24年 開発センターが「第31回西海記念賞」受賞


七星科学の「今」を知る

キーワード① 「チャレンジ」   常にお客様の要求の一歩先へ。


私たち七星科学研究所は、戦前に研究所として創設された「モノづくり企業」です。

お客様の高いご要望の、さらにその「一歩先」をご提供できるよう、自分たちの持てる提案力、製造技術力を総動員して、お客様のニーズに応え、社会全体の発展に貢献しています。

七星科学研究所はチャレンジを風土としています。
ISO9001を中野区で初めて取得し、電気用品取締法をコネクタ業界初取得(自社調査)。海外でも安心してご利用いただけるよう、UL規格(アメリカ)、CSA規格(カナダ)TUV規格(欧州)を取得。「こんな製品が欲しいんだけど?」というお客様のご要望には、普通は図面を持って提案しに行くところを、七星は先に試作品をつくり、図面の代わりに試作品をお客様にお見せします。

「え、もう品物にしちゃったの?!」

と、お客様に驚かれることが多いですが、試作品を手にしていただき、触り心地、重さ、形、すべてを目と手で確認していただくことで、「思ったより大きい。もっと小さくしてほしい」といったご感想が出てきます。それを改善していくことで、お客様のご要望の「一歩先」を満たす製品を作り出しています。

チャレンジは設計者や試作者だけではありません。
「こう工程を変えたら生産時間が短縮できるのではないか?」「コストが削減できるのではないか?」

七星の全従業員は常に「改善」を探し、改善策を会社へ提案しています。
七星には全社的な改善提案活動、QC活動があり、従業員の誰もが改善案を発信でき、会社も改善案を喜んで受け入れる仕組みができています。多数提案者、優秀提案者は毎年表彰されています。

あなたの提案とチャレンジを、七星科学研究所はお待ちしています。


キーワード② 「安定経営」   創業以来90年以上。

産業用コネクタの世界では、製造現場ごとに“独自のコネクタ”を採用していることが多いです。そのため、新しいコネクタに交換しようと思っても、別会社へ発注することが難しいといわれています。

すでに他社コネクタを採用している企業を開拓するのは生半可なことではありません。が、逆に1回使われると守りやすい、お客様が固定化しやすい、安定した市場です。

弊社は創業以来90年以上利益を出し、リストラを行ったことはありません。(2020年度末時点実績) 

昭和44年より継続して「優良申告法人」

令和2年6月17日に中野税務署より優良申告法人として表敬を受けました。
今回の表敬で昭和44年より10回継続しての表敬となりました。
今後も優良申告法人として安定した経営と適正な申告・納税を通じて社会に貢献し、模範にふさわしい企業として努めてまいります。


※※ 優良申告法人とは? ※※

管轄の税務署が行う調査において、経営内容が優良であり、かつ適正な申告と経理処理が特に優良で、将来にわたり適正な申告が期待できると認められた企業を、認定し表敬する制度です。 優良申告法人に選定されるのは法人全体の約1%といわれています。

   



キーワード③ 「安心して永く働く」   完全週休2日制、充実の福利厚生。

◆ 休日休暇はどのくらい?

・完全週休2日制。慶弔休暇、夏季年末年始休あり。
・年間休日126日(2020年実績)


◆ 有給休暇はどのくらい?

・新卒者の有給休暇は、初年度は4月11日に10日間付与されます。
・年間5日は取得義務があり、新人も有休が取りやすいです。


◆ 出産育児や介護との両立は?

・産休や育児休業は希望者全員が取得し、全員が順次復帰中(2020年実績)
・子の看護休暇あり(中学校就学前の子1人につき5日まで、有給)
・育児短時間勤務あり(子が3歳未満)
・介護休暇、介護短時間勤務あり


◆ 転勤はあるの?

・生産拠点が狭山工場のみのため、転勤はほぼありません。


◆ 医療費の補助があると聞きましたが?

・AIG保険加入:労災以外について、従業員の掛金負担0円で、ケガ通院入院、
        病気入院の自己負担分を保障する制度あり。
        (プライベートでのケガ、入院に対応。諸条件や上限金額あり)
・全共済加入 :労災プライベート問わず、従業員の掛金負担0円で、ケガでの入院、
        高度障害等で保険金給付する共済あり。(諸条件あり)
・インフルエンザ予防注射代は全額会社負担。
・専門医によるメンタルカウンセリング面談を年3回まで無料。


◆ 社有保養所はあるの?

・社有保養所が山梨県にあり、従業員と家族、友人は無料で利用できます。


◆ 長く働いてくれたあなたに感謝を込めて

・永年勤続表彰あり(勤続10年、15年、20年、25年、30年、35年、40年)




七星科学とは コネクタとは ダイカストとは 開発センターとは
マイナビ2022