コネクタFAQCONNECTOR FAQ

コネクタに関する質問にお応えします。

コネクタ選定について

製品の購入について

性能について

組立・取付について

イメージ

コネクタ選定について

Q コネクタ形状・組み合わせについて良く分かりません?
A コネクタの形状はプラグ・レセプタクル・アダプタに大別されます。
詳しくは、コネクタの形状・組み合わせについて(PDF)をご覧下さい。
Q シェルサイズとはどこのことを指しているのですか?
A 下図のようにレセプタクルのパネル挿入部分の外径寸法Φd(mm)を表しております。

Q 正芯・逆芯とは何ですか?
A 正芯・逆芯とは、弊社独自の呼称なのですが
製品識別の上で便利なので使用を続けております。
組み合わせについては、正芯の製品と逆芯の製品は組み合わせることが出来ません。
詳しくは、正芯・逆芯について(PDF)をご覧下さい。
Q コネクタに表記されている41-●●●●(3~5桁)に該当する製品名は?
A 41-●●●●(3~5桁)の番号は、旧電気用品取締法の認可番号です。
なお、現在では電気用品安全法に改正されたことに伴い、現在製造されている全ての製品が
PSEマークに変更されたため、このような番号の表記はございません。
該当品については旧電気用品取締法認可番号(PDF)をご覧下さい。
Q アダプタ類でAd(F)Mとあるが、この意味は?
A Ad(F)は、レセプタクルの様にパネルに固定出来る「フランジを設けたアダプタ」を意味します。
括弧内のFは「フランジ」の意味とご理解下さい。
また、末尾のMはオスコンタクトを意味します。つまりAd(F)Mはオスコンタクトタイプのフランジ付きアダプタとなります。
Q カタログの端子配列図にある△は何を表しているのですか?
A コネクタを結合する際、位置決めの為のガイドキーの位置を表しております。
Q キャップ(PCa・RCa・AdCa)は正芯・逆芯の両方とも使用可能か?
A 正芯・逆芯の両方とも使用可能です。
Q UL・CSA品やTUV品等の海外規格品と標準品との違いは何ですか?注文時の注意点はありますか?
A UL・CSA品やTUV品等の海外規格品と標準品の基本的な違いについて、海外規格品には製品に下記の様な対応規格マーク・品名・定格等が表示されておりますが、標準品にはございません。
なお構造・寸法・材料等に基本的な違いはございません。
(例外として”NCSシリーズのCSA NRTL/C品”に限り、絶縁体材料が標準品と異なります。)



海外規格品をご注文の際は、品名の後に、その製品が対応する規格名(例  <UL・CSA品> <TUV品> <UL・CSA、TUV品> <CSA NRTL/C品> 等)を指定して頂く必要があります。
(こちらの語句指定がない場合、標準品の納入となり、海外規格品としては認められません。)

但し、”NETシリーズ”及び”NEWシリーズ”については、UL・CSA、TUV品が標準となりますので、ご注文の際の規格名の指定は不要です。

製品の購入について

Q どこで製品を購入出来るのですか?
A 弊社では、代理店販売を行っております。
購入をご検討される方、購入先が分からない方は、取扱店一覧をごらんください。
Q 防水コネクタのケーブルパッキンのサイズが合いません。単体販売は行っているのでしょうか?
A 原則として部品販売は行っておりません。
ご使用前のケーブルパッキンであれば、品種・数量等条件によって、交換対応をさせて頂くケースがございます。
購入先にご依頼下さい。

性能について

Q 定格電圧・限界操作電圧とは何ですか?
A 弊社では以下の様に定めております。
・定格電圧:メーカーごとの性能のばらつきをなくす為、電気用品安全法の技術基準や規格によって定められた値
・限界操作電圧:当社製品そのもののもつ性能値を表したもの どちらも連続して使用可能な電圧値であり、弊社では交流・直流も同じ値としています。
Q 定格電流とはコンタクト1本あたりに流せる電流値ですか?
A コンタクト1本あたりに流せる電流値です。
Q 製品を許容温度範囲内のマイナス温度環境で保管することは可能ですか?
A 保管は可能ですが、急に暖かい場所に製品を移した場合、製品の外部や内部に結露(水滴)が発生し、絶縁性能の確保が出来なくなります。
結露が発生した場合は、製品を充分に乾燥させ、テスターで絶縁性能が確保されていることを確認してからご使用下さい。
なお、結露を防ぐ為、保管は製品をビニール袋に入れて密封しておき、周囲の気温になじませた後、袋から取り出して下さい。
Q 通電電流が数mAの場合、定格電圧より高い電圧は流せますか?
また、使用電圧が定格電圧に満たない場合、定格電流より大きい電流は流せますか?
A 定格電流・電圧は主に以下の条件から設定を行っております。
定格電圧:絶縁材料・絶縁距離定格電流:コンタクト径・コンタクト材料・発熱量このことから、定格電流・定格電圧は連続使用時の上限値とお考え下さい。
電力量(W)の計算によって定格電流・電圧を超えた通電が出来るわけではありません。)
Q カタログ記載の導体断面積よりも太い電線を使用する事は可能ですか?
また、カタログ記載の導体断面積よりも細い電線を使用することは可能ですか?
A カタログ記載の導体断面積よりも太い電線は、コンタクトの寸法上入りません。
また、はんだづけ品についてカタログ記載の値よりも細い電線・ケーブルを使用する事は可能ですが、この場合、通電出来る電流は、使用される電線・ケーブルの許容電流以下となります。
許容電流については、ご使用されるケーブルの仕様をご確認下さい。
Q カタログ記載のケーブル締付範囲の値よりも太いケーブルを使用する事は可能ですか?
また、カタログ記載ケーブル締付範囲の値よりも細いケーブルを使用することは可能ですか?
A カタログ記載の値よりも太いケーブルは、製品の寸法上入らない可能性があります。
カタログ記載の値よりも細いケーブルを使用する事は屋内用コネクタでは可能ですが、別売りのケーブルブッシングをご使用頂くか、熱収縮チューブ等でケーブル外径を製品のケーブル締付範囲内まで太くして頂く必要があります。
なお、防水コネクタに関しては、ケーブル外径に合致したケーブルパッキンを使用して頂かないと防水性の確保は出来ません。この場合は別途ご相談下さい。

組立・取付について

Q NJCやNJWに使用されている六角穴の止めねじを締める六角レンチのサイズは?
A NJC(NJW)-16 → 1.27mm
NJC(NJW・NET)-28・32 → 1.5mm
Q レセプタクルには機器への取付用ねじが付属していますか?
A 付属しておりません。
Q NJW-16~28-PCa・AdCaはどのように取り付けるのですか?
A 結線作業時、クランプナットを締める前にキャップのチェーンリングをエンドベルに入れます。
詳細についてはこちらをご覧下さい。
Q NJC-20-CBやCBAS-12-7などのCB(ケーブルブッシング)はどの様な使い方をするのですか?
A CB(ケーブルブッシング)は、使用するケーブル外径がコネクタ製品のケーブル締付範囲よりも細い場合に使用するアクセサリーです。
取付方法こちら覧下さい。

 

 

コネクタのカタログダウンロード
コネクタの結線作業方法について
side_img04.jpg
コネクタ海外取扱企業一覧
コネクタ、資料請求・お問い合わせはこちら 03-3319-0552 受付時間:9:00~17:00(月~金)